OPPは紙のように印刷が可能|デザインが自在にできる

印刷

パンフレットの注文方法

冊子

パンフレット印刷を頼むなら、ネット通販サービスがお得です。少部数から安く注文できることに加えて、デザインも簡単に行えるからです。提供されるテンプレートを利用することによって、用途に合わせた宣伝効果の高いデザインとすることができます。

詳しく読む

DMを引き立てる透明封筒

袋

最も透明度の高い材質

最近はDM(ダイレクトメール)の送付に透明封筒を使うケースが増えています。従来のDMでは、封筒を見ただけで開封されずに捨てられることも少なくありませんでした。透明封筒だと中身が見えるためお客様がDMに興味を抱き、捨てずに開封してくれる確率が高まるのです。特に色鮮やかな写真やセンスの良いデザインを施したDMなら、よりいっそうアピール度が高くなります。工夫を凝らしたDMを1人でも多くのお客様に見てもらうためには、透明封筒を利用するのが最も効果的なのです。透明封筒の材質にもいくつかの種類があります。こうした用途に使われる透明フィルムとしては、ポリプロピレンと呼ばれる素材が一般的です。包装用ポリプロピレンにはOPPやCPP・IPPといった種類があります。中でもDMに最も向いているのはOPPです。この素材は2軸延伸ポリプロピレンとも訳され、PP製品の中でも最も高い透明度を特徴とします。透明度の高さに加えて張りのある質感もOPPの大きなメリットです。この素材を使った袋は透明封筒の他にも商品の包装材や花のラッピングなど、多くの場面で活躍しています。耐水性に優れる点も紙素材の封筒よりも有利な点です。

重量あるDMにはCPPを

OPPの持つもう1つのメリットは、紙と同じように印刷できるという点にあります。DMを引き立てるための封筒デザインもOPPなら自由自在です。全体に薄い色を印刷して半透明にすれば、お洒落な封筒が出来上がります。中身の商品を引き立てる効果に優れたOPPは、DMを包む素材として理想的とも言えます。紙素材のDMともよくフィットし、無駄な隙間が空きません。すべての点で他のPP素材を上回るように見えるOPPですが、引き裂きの力に弱いという面もあります。そのため軽量のDM送付に向いた素材なのです。比較的重量のあるDMの場合は、OPPを使った透明封筒だと途中で破ける恐れもあります。そうした場合はもっと丈夫なCPP素材の透明封筒を使うといいでしょう。CPPは透明度という点でOPPに劣りますが、引っ張る力に強い点が持ち味です。以上のような特徴を踏まえた上で、送付するDMに合わせたPP素材を選ぶといいでしょう。いずれも広告物や印刷物を取り扱う業者にまとめて注文すれば、1枚当たりのコストも安く上がります。お客様の目を惹きつけるDMが完成したら、中身を引き立てるOPPの透明封筒で売上アップが期待できるのです。

発注するときに大切なこと

色見本

神奈川で印刷したいときは、納品して欲しい物によって依頼する会社を変える必要があります。高い品質を求めるなら、値段よりも取り扱っている紙や発色の良さで会社を選びましょう。発注するときは、対応の良い会社を選ぶことが大切です。

詳しく読む

自己紹介の大事なツール

名刺

昔は印刷会社に大量に注文していた名刺も、今では自社で作成して印刷したり、インターネットでの格安印刷店に注文することで安価で素早く印刷が可能になりました。日本のビジネスシーンに欠かせない名刺印刷は簡単になりました。

詳しく読む